健康保険証番号の流出


昨年12月に健康保険証の番号、氏名、住所など約10万人分の個人情報が流出した問題で、現在も1万8千人分の番号が使用されていることが厚生労働省の調査で明らかになった。

袖看板遠景

 

 

Comments