富士市、富士宮市、静岡県東部でがんばる社会保険労務士、中小企業診断士


●民間企業の退職金が5年で約15%減少(11月22日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省が「就労条件総合調査」の結果を発表し、2012年に民間企業
を定年退職した人(大卒者)の退職金(一時金と企業年金の合計)の平均
が1,941万円となり、5年前(2,280万円)と比較して約15%減少したこと
がわかった。高卒者の平均は1,673万円(5年前は1,970万円)だった。

出典:日本法令

facebook用の写真

Comments